忍者ブログ

10月17日(水)

2018/10/17  カテゴリー/未選択

麦ごはん
ししゃもの甘だれ
おかかあえ
沢煮碗
りんご
牛乳

今日は、ししゃもの甘だれについての話です。
 給食で使用するししゃもは、本当は『カペリン』『カラフトシシャモ』とよばれるものです。本物のししゃもは、北海道の沿岸でとれるもので、年間1300トンだそうです。昔は獲りすぎたため、獲れる量が減ってきてしまいました。そのため、獲る量など制限しているそうです。一方の『カペリン』は年間3万トンを外国から輸入しています。魚の中でも4番目に多く獲れる魚なのだそうです。
 今日は、その『カペリン』に片栗粉をつけて油で揚げました。ここに砂糖・しょうゆ・みりん・酒を合わせた たれをかけました。よくかんで食べてください。

PR