忍者ブログ

1月20日

2017/01/20  カテゴリー/未選択

1月20日(金)

桑の木豆おこわ
わかさぎの天ぷら
磯香和え
さつまいものみそ汁



 今日は、山県市の特産である桑の木豆を使った具だくさんの混ぜご飯です。主菜のわかさぎは、今日の給食では市内でとれたものを使うことができませんでしたが、山県市の伊自良湖に生息しており、冬のわかさぎ釣りが有名ですね。ほうれん草や大根も市内でたくさん作られている野菜です。山県市の恵みに感謝しながら食べてくださいね。
PR

1月19日

2017/01/19  カテゴリー/未選択

1月19日(木)

ソフト麺中華あんかけ
じゃがいものからあげ
大根サラダ



 今日のじゃがいものからあげは、生のじゃがいもを洗って,皮をむいて、カットしたものを油で揚げて、塩をまぶしました。
低めの温度の油でじっくり揚げることで、じゃがいもに含まれる水分が抜け、かりっと仕上がります。麺といもでちょっともさもさしますが、牛乳を飲みながらよくかんで食べてくださいね。

1月18日

2017/01/18  カテゴリー/未選択

1月18日(水)

ごぼうのハッシュドポーク
じゃこのソテー
りんご



 今月は、18日が、いい歯の日」の献立になっています。いい歯の日には、みなさんの骨や歯を作るもととなる、カルシウムの多い食べ物や、かみごたえのある食べ物を取り入れています。
 今日のハッシュドポークには、しっかりよくかんで食べてほしいという願いを込めて、ごぼうを入れました。ごぼうには、食物繊維が多く含まれています。食物繊維は、便秘や肥満の予防に効果的なので、みなさんに積極的にとってほしい栄養の1つです。
 また、カミカミソテーには、カルシウムが豊富な「しらす」も入っています。1口につき30回を目標に、よくかんで食べましょう。

1月17日

2017/01/17  カテゴリー/未選択

1月17日(火)

黒パン
タンドリーチキン
コーンもやし
冬野菜のスープ



 今日の冬野菜のスープには、大根、白菜、にんじん、小松菜を使いました。
ベーコンのだしとじっくり煮込んで野菜の甘みとうまみを引き出したスープです。
タンドリーチキンの辛味を和らげてくれます。パン、チキン、コーンもやし、スープを交互に食べてくださいね。

1月16日

2017/01/17  カテゴリー/未選択

1月16日(月)

わかめごはん 
鰆の照り焼き
つき大根のいため煮
けんちん汁



今日は、山県市の西隣りの、本巣市根尾地区の郷土料理の「つき大根の炒め煮」です。大根をたっぷり使い、にんじん、油揚げと一緒に炒め煮にしたものです。お正月に食べるなますとよく似た料理ですね。冬にたくさんとれる栄養たっぷりの大根を使いました。大根のおいしさを味わってくださいね。

1月13日

2017/01/13  カテゴリー/未選択

1月13日(金)

麦ごはん
白身魚の甘酢あんからめ
おひたし
切干大根のみそ汁



 今日の甘酢あんからめには、ホキを使いました。
臭みが少なく癖がないので非常に食べやすい魚です。しょうが、しょうゆ、酒で下味をつけたホキに、片栗粉と米粉を薄くまぶして油で揚げ、砂糖、酢、しょうゆで作ったたれを絡めました。ごはんといっしょに食べてくださいね。

1月12日

2017/01/12  カテゴリー/未選択

1月12日(木)

みそうどん
大豆と小魚の揚げに
三色和え



 今日は、大豆と小魚の揚げ煮についての話です。
前日の夕方、水にもどした大豆にうすく片栗粉をまぶして油で揚げます。
低めの温度の油で、じっくり揚げることで、大豆の中に含まれる水分が抜け、かりっとあげることができます。
揚げた大豆と乾煎りした小魚を甘辛いたれでからめて、ごまをまぶしました。
かりかりの食感を楽しみながら、よくかんで食べてくださいね。

1月11日

2017/01/12  カテゴリー/未選択

1月11日(水)

麦ごはん
松風焼き
ゆかり和え
白玉雑煮



今日は、鏡開きです。地域によって違う日に行われることもありますが、一般的には1月11日とされています。鏡開きとは、お正月に供えていた鏡餅をさげ、食べる風習です。お供えをしていた食べ物には、力がそなわると考えられていて、それを食べることで、病気やけがをしないようにという願いをこめて食べます。
今日は、鏡開きを意識して、白玉だんごを使った雑煮の献立です。雑煮は、地域によって味付けも具材も違います。みなさんのおうちではどんなお雑煮を食べましたか?

12月21日

2016/12/21  カテゴリー/未選択

12月21日(水)
【冬至・年越献立】
麦ごはん
南瓜の天ぷら
年越しの煮物
切干大根の味噌汁
牛乳



 今日12月21日は、冬至です。冬至とは、1年で最も昼間が短く夜が長い日のことです。昔の人は、冬至に南瓜を食べると長生きするとか、風邪をひかないといって、冬に不足しがちな栄養を南瓜からとっていました。
南瓜は緑黄色野菜で、目の働きを守ったり、のどや鼻の粘膜を丈夫にする働きがあります。
今日は、そんなかぼちゃを天ぷらにしました。
 また、小学校では今日が2学期最後の給食になるので、1年の締めくくりとして、岐阜県に伝わる年越し料理「年越しの煮物」を煮ました。皆さんん家では、年越しにどんな料理を食べますか?年越しからお正月にかけて、きっと各家庭によって食べる料理が決まっていると思います。この冬休みには、なぜこの料理を食べるのかをおうちの人に聞けるといいですね。

12月20日

2016/12/20  カテゴリー/未選択

12月20日(火)

ツナピラフ
鶏肉の照り煮
冬野菜のスープ
牛乳



 今日は、ピラフについてのお話です。ピラフとは、もともとはトルコ語で、「炒めた米と様々な具材を出汁で炊いた料理」という意味です。トルコでは、メインの肉や魚料理に添えられるおかずとして食べられていましたが、トルコからフランスへこの料理が伝わり、主食として食べるようになりました。給食のピラフは、具材や出汁と一緒に炊くことができないので、マーガリンで米を炒めてから、いつもよりも固めにご飯を炊き、釜で具を作って、炊きあがったご飯と具材を混ぜています。今日は、マグロの水煮をたくさん使った「ツナピラフ風の洋風混ぜごはん」です。味わって食べましょう。

12月19日

2016/12/19  カテゴリー/未選択

12月19日(月)
【食育の日】
麦ごはん
鯖の味噌煮
ゆかり和え
白菜汁
みかん
牛乳



 毎月19日は、「食育の日」です。山県市の給食では地元の食材や和食を出しています。今日は、給食の魚料理で人気の「サバのみそ煮」です。
給食室の大きな釜に、砂糖、みりん、酒、みそで煮汁をつくり、その中にサバを入れていきます。魚と魚の間に千切りにしたしょうがやぶつ切りにしたネギを加えます。ねぎやしょうががサバの臭みを消してくれます。こがさないように、釜を回転させながら、じっくり味を染みこませています。仕上がったサバは、ひと切れずつトングでていねいに取りだし、クラスごとに配缶していきます。調理員さんの手間と愛情たっぷりのサバの煮つけです。ご飯と一緒に食べてくださいね。

12月16日

2016/12/16  カテゴリー/未選択

12月16日(金)

わかめごはん 
高野豆腐の卵とじ
三色和え
みそ汁
牛乳



 今日は高野豆腐のお話です。高野豆腐は和歌山県の高野山にちなんだ関西地方の呼び名で、正式には「凍り豆腐」と呼びます。高野豆腐ができたのは、およそ800年前の鎌倉時代。ある寒い日に豆腐を買ってきた高野山のお寺の小僧さんが、豆腐を家の外に置き忘れてしましました。次の日の朝、気が付くと豆腐は凍ってカチコチになっていました。もったいないので、豆腐を溶かそうと天日に干したところ偶然にも「高野豆腐」が出来上がったそうです。高野豆腐以外にも、凍り豆腐、凍み豆腐、一夜豆腐など地域によって様々な呼び名があります。豆腐の栄養がぎゅっと詰まった高野豆腐です。豆腐との食感の違いを感じながら食べてくださいね。

12月15日

2016/12/15  カテゴリー/未選択

12月15日(木)

ソフト麺
中華あんかけ
ベイクドポテト
ブロッコリーサラダ
牛乳



 今日は、食事のマナーについてお話します。まずは、マナーチェックです。良い姿勢で食べていますか? 背筋はピンとのびていますか? 肘をついて食べていないですか? 箸の持ち方は正しいですか? 食器を正しく持って食べていますか? 口の中に食べ物がある状態で話をしていませんか?
 食事のマナーは、極端な話、できていなくても料理を食べることはできます。しかし、マナーが守れていないと、一緒に食べている人が、いやな思いをしたり、自分自身が、体に負担がかかったり、食べにくい思いをすることになります。マナーは1日で身につくものではありません。毎日の積み重ねが大切です。毎回、少しづつでも意識をすることで身に付きます。ぜひ、隣の人や、前の人の様子と自分の様子を見比べながら、マナーを意識してみましょう。

12月14日

2016/12/14  カテゴリー/未選択

12月14日(水)

カレーライス
福神漬け
もやしのソテー
ヨーグルト
牛乳



 今日は、給食で人気のカレーライスです。
おいしさの秘密は、大きな釜でたくさんの具をじっくり煮込むことと調理員さん手作りのルウです。マーガリンと小麦粉をじっくり炒め、茶色く色づいたところでカレー粉を加え、一気に仕上げます。また、成長期のみなさんは、カルシウムという骨を作る栄養素が大人以上に必要なため、たくさん摂れるように、チーズとスキムミルクも入っています。そのため、家のカレーよりも少し色が薄くなっていると思いますが、コクも出て一石二鳥です。今日のカレーもおいしく仕上がっていますか?味わって食べてくださいね。

12月13日

2016/12/13  カテゴリー/未選択

12月13日(火)

里芋ごはん
鰆のゆずみそかけ
大根の和え物
糸かまぼこのすまし汁
牛乳



 今日は、鰆のゆずみそかけのお話です。今日のゆずは、関市の上之保地域でとれたものを使っています。ゆずは、この冬の時期が旬の果物です。みかんの色違いのような見た目ですが、味はみかんの何倍も酸っぱく、そのままデザートとして食べることはありません。絞った果汁を今日のように、調味料として使ったり、ジャムやケーキなどのお菓子に加工したりします。また、香りがよいので、お風呂に入れてゆず湯にしたり、化粧品などの香料に使われることもあります。今日の鰆には、ゆずの果汁と白みそで作ったタレをかけてあります。甘酸っぱいさわやかなゆずの風味を味わいながら食べてくださいね。このように、市内や県内でとれたものを使うことを地産地消といいます。今月は、どんなものがほかにあるか献立表の裏側を見てくださいね。

12月12日

2016/12/12  カテゴリー/未選択

12月12日(月)

麦ごはん
回鍋肉
春巻き
中華スープ
牛乳



今日は回鍋肉についてのお話しです。回鍋肉は中華料理の一つです。漢字で書くと「回る・鍋・肉」と書きます。なぜ、この漢字を使うか知っていますか。これは、作り方を表しています。回るという字は、中国では帰るという意味があります。一つの鍋で、お肉をゆでて一度取り出し、野菜を炒めてから肉を鍋に戻す(鍋に帰る)。この調理方法を表しています。
 ホイコーロー以外にも、調理方法を示した名前のものや、具材の切り方を表したものなど、中華料理の名前は由来がわかると面白いものが多いです。ぜひ、気になる料理名の名前の由来を調べてみましょう。

12月9日

2016/12/09  カテゴリー/未選択

12月9日(金)

麦ごはん
いわしの蒲焼き
切干大根の煮物
のっぺい汁
牛乳



 今日はいわしの蒲焼きです。蒲焼きというとうなぎを開いてタレをつけて焼いたものを思い浮かべますが、給食では、タレをつけながら焼くことはできないので、かたくりこをつけて揚げたいわしに甘辛のタレをからめて作っています。いわしの表面についたかたくりこがタレを吸っておいしく仕上がっています。白いごはんにぴったりのおかずです。ご飯と一緒に食べてくださいね。
いわしの骨は、細くて柔らかいので食べることができます。よく噛んで、骨もいっしょに食べてくださいね。

12月8日

2016/12/08  カテゴリー/未選択

12月8日(木)

【いい歯の日献立】
小型パン
カレーうどん
れんこんチップス
白菜のおかか煮
牛乳



 今日は8日「いい歯の日」の献立です。よく噛んで食べるれんこんチップスが献立に取り入れられています。このれんこんは、土の中で成長するハスの地下茎です。いくつもの穴が開いていて先が見通せることから、縁起の良い食品として食べられてきました。ハウス栽培されることも多くなり、1年中食べられますが、11月から3月ごろが収穫のピークで旬の時期になります。れんこんは不思議な野菜です。生のものはカサカサした感じがしますが、すりおろして焼いたり揚げたりして火を通すと粘りが出て餅のようになります。輪切りにして甘酢で煮るとシャキシャキとした歯ごたえになり、普通にゆでたり煮たりすると芋のようにホクホクとします。そして、今日のように薄く切ってあげると、パリパリになります。料理の仕方によって全く違う食感が味わえて面白いですね。みなさんは、どんなれんこん料理がすきですか?

12月7日

2016/12/07  カテゴリー/未選択

12月7日(水)

麦ごはん
えびのチリソース
野菜のソテー
中華風たまごコーンスープ
牛乳



 今日は、えびのチリソースについての話です。えびのチリソースは、中華料理の一つですが、本場の中国には無く、日本限定のメニューです。今から64年前に日本にやってきた「陳健民」という中国の料理人が、日本人の口に合うように作り替えたものです。
 中国は、日本の国の約25倍の面積で、国の中でも、生活習慣や食べ物の味付けに違いがあります。陳健民は、唐辛子をたっぷり使う四川料理の料理人でしたが、あまり辛い料理を食べなかった日本人のために新しい味を作り出しました。えびのチリソースは、唐辛子の赤色をケチャップに変え、ほんのりピリ辛の甘酸っぱいタレにしました。ごはんによく合う味付けになっています。ごはんと一緒に食べましょう。

12月6日

2016/12/06  カテゴリー/未選択

12月6日(火)

食パン
苺ジャム
ハンバーグケチャップ煮
海藻サラダ
ポトフ
牛乳



 今日はポトフについての話です。ポトフは、フランスの家庭料理の一つです。「ポト」はポットと同じで鍋という意味です。「フゥ」はフランス語で火を表しています。つまり、「火にかけた鍋」「鍋で煮込んだ物」という意味です。具材は決まっていなく、その時家にある物や季節の野菜をコンソメと塩・こしょうで煮込むことが多いようです。
 今日は、いつもの玉ねぎ・人参・じゃがいもに、冬野菜の「かぶ・ブロッコリー」をいれました。また、旨味がでるようにウインナーも入っています。寒い冬にぴったりの料理ですね。