忍者ブログ

6月21日(水)

2017/06/07  カテゴリー/未選択

麦ごはん
いわしのがば焼き
ひじきの炒め煮
けんちん汁
牛乳

 今日は、いわしの話です。
 「いわし」を漢字で書くと、「魚へん」に「弱い」と書きます。この漢字の通り、傷つきやすく、腐りやすい魚です。そのため手早く調理しないと、安全でおいしく食べることができません。冷凍する技術が発達してきたため、新鮮な状態で給食にも使えるようになりました。今日は、いわしにしょうゆと酒としょうがで下味をつけ、片栗粉や米粉をまぶして油で揚げたものに、砂糖としょうゆ、酒、ごまで作ったたれをからめて「いわしのかば焼き」にしました。小さな骨があるかもしれないので、よくかんで気をつけながら食べてくださいね。
PR