忍者ブログ

1月16日(火)

2018/01/10  カテゴリー/未選択

食パン
ハムカツ
コーンキャベツ
かぶのスープ
牛乳

 毎年冬になると、給食で食べ残しが増えるものがあります。さて、なんでしょうか?
 答えは、牛乳です。冬は寒いので、冷たい牛乳が残りやすくなります。給食の牛乳を1本飲むと、1日に必要なカルシウムの約3分の1を取ることができます。骨は毎日少しずつ壊されて新しく作り変えられているので、丈夫な骨を作るためにカルシウムが必要になります。ですが、みなさんの年齢のときには体にたくさんためて丈夫な骨を作ることができますが、20歳を過ぎたころからはそれを維持して減らさないようにすることしかできません。つまり、いかに今、カルシウムをとり丈夫な骨を作るかが大切になります。将来、骨粗しょう症という、骨がボロボロになり折れやすくなる病気になって、寝たきりにならないためにも、今、しっかりと食事をとって運動をしましょう。
PR