忍者ブログ

5月22日(水)

2019/05/22  カテゴリー/未選択

麦ごはん 
ふりかけ 
さわらのあんからめ
きんぴら 
豆腐のみそ汁
牛乳

今日は、給食でも定番の「きんぴら」についての話です。
 きんぴらは、今から400年ぐらい前の江戸時代に流行した「金平浄瑠璃」の主人公の坂田金平の名前からきたものです。坂田金平は、昔話の金太郎の息子という話です。この物語の中では、金平は力持ちで勇ましかったため、ごぼうを甘辛く炒めたものをきんぴらごぼうと呼ぶようになりました。ごぼうは歯ごたえがあり、唐辛子を使ったことからその辛さが金平の力強さになぞらえたといわれます。今日は、ごぼうの他、じゃがいも、こんにゃく、はんぺんを使っています。しっかりとよくかんで食べましょう。

PR