忍者ブログ

2月16日

2017/02/16  カテゴリー/未選択

2/16(木)

小型パン 
焼きそば 
大豆と小魚の揚げ煮 
シャキシャキサラダ
牛乳



 今日は、サラダに入っているだいこんの話です。だいこんは主に大きくなった根の部分を食べるため、漢字でそのまま「大きな根」と書き、「おおね」と呼ばれていました。後に音読みになり、だいこんという名前で親しまれています。冬になると甘みが増して、さらにおいしくなります。消化を助けるジアスターゼやアミラーゼという酵素が豊富に含まれているので、大根おろしとして焼き魚や焼肉にも添えられます。また、大根の葉にはカルシウム、食物繊維が入っているので、捨ててしまわずにきれいなものは料理に使ってもいいですね。
PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字